社会・環境への取り組み
コンプライアンス
プラスカーゴサービスは、人や社会に必要な存在だと認められる会社に変革するために、まず基礎作りとして高度な品質の維持、ITシステムの構築、個人情報保護を含むコンプライアンスの遵守を重要課題に位置づけています。そして、人や社会に必要な存在だと認め続けられる会社の礎となる、お客様をはじめ、社会の皆様から信頼される会社であるために、役員をはじめ従業員一同共通の認識をもちコンプライアンスの推進活動に取り組んでいます。
環境への取り組み
プラスカーゴサービスは、「地球温暖化」「大気汚染」「騒音・振動」といった諸問題に企業の社会的責任として対処するため、全社的な環境保全活動を実施しています。また「グリーン経営認証」を取得し、更なる取り組み強化に努めています。一方、廃棄物の適正処分・リサイクル、地球温暖化防止に向けた活動にも輸送事業者としての立場から積極的に参加しています 。
環境方針
プラスカーゴサービス株式会社は、地球及び地域の環境保全のため物流サービスの提供及びその附帯する企業活動において、環境負荷をできる限り低減する活動を推進して、地域社会の発展に貢献し、広く社会から信頼される企業を目指します。
【1】
省資源・省エネルギー活動の推進
(1)
エコドライブを推進することにより、大気汚染物質の排出抑制、
沿道における騒音問題の低減に努める。
(2)
アイドリングストップを励行し、燃料の節約に努める。
(3)
自動車燃料の使用量を適正管理し、天然資源の有効利用に努める。
(4)
自動車の適切な点検・整備を行うことにより、走行に伴う大気汚染物質の排出を適正な状況に保ち、汚の防止に努める。
(5)
事業活動における省資源・省エネルギーに努める。
【2】
環境に関する法令、条例及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
【3】
環境活動は、環境目的・目標を設定してその達成に努め、定期的な見直しを行い継続的に推進します。
(1)
燃費の改善率として前年比1%以上を達成する。
(2)
天然ガス自動車等の低公害車及び新長期規制車を順次導入する。
【4】
環境方針、環境保全活動体制を周知し、従業員が環境に対する意識を高め、
具体的な行動をすることを推進します。
2007年6月1日 最終改定
2005年3月1日 初版改定
プラスカーゴサービス株式会社
代表取締役社長  若佐 照夫
「グリーン経営」の認証
「グリーン経営」認証制度は、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、一定レベル以上の環境保全の取り組みを行っている事業者に対して、審査の上、認証・登録を行うものです。 markgreen markgreen
プラスカーゴサービスでは、2005年8月に「グリーン経営」の認証を取得し2011年7月現在、
大阪営業所、東京営業所の2箇所において認証継続しております。
「グリーン経営」における具体的な推進項目は次のとおりです。
【1】
環境保全のための仕組み・体制の整備
【2】
エコドライブの実施
【3】
低公害車の導入
【4】
自動車の点検・整備
【5】
廃車・廃棄物の排出抑制、適正処理およびリサイクルの推進
「グリーン経営」認証制度
http://www.green-m.jp/
廃棄物の適正処分
リサイクル
パソコン・OA機器のリサイクル

オフィスなどで使用される事業系のパソコン・OA機器を廃棄する際は、産業廃棄物として適正に処分することが法律で義務付けられています。また、パソコン・OA機器の処分の際は、これらに含まれる金属・プラスチック・ガラスなどの多くが、資源有効活用の観点からリサイクルされています。

プラス カーゴサービスは、パソコン・OA機器の適正処分・リサイクルに積極的に協力するため、これらの回収事業に参画しています。

パソコン・OA機器を処分する際は、是非、当社にお問い合わせください。

※一般の家庭で使用する家庭系パソコン等については、メーカーが回収・再資源化を行います。

機密文書のリサイクル

個人情報の保護、社内情報の漏洩防止のため、機密文書の確実な処分が各企業の大きな課題となっています。現在、機密文書の多くは、オフィス内の裁断機によりシュレッダーされ、焼却処分されています。プラス カーゴサービスでは、資源有効活用の観点から機密文書を確実に溶解処理し再生紙にするリサイクルサービスの提供を行っています。当社のリサイクルサービスは、書類の機密度に応じて取り扱いレベルを数段階に区分しているのが特徴です。

機密文書の処分にお困りなら、是非、プラス カーゴサービスにお問い合わせください。

arrow arrow 詳しくはこちら:サービス「静脈物流」
地球温暖化防止に
向けた活動

地球温暖化防止の観点から、CO2(二酸化炭素)排出量の少ないCNG(圧縮天然ガス)車両が注目されています。CNG車両は、一般のガソリン式に比べCO2排出量を約25%低減でき、ディーゼル式で見られる黒煙(PMと呼ばれる微粒子状物質)を全く排出しないなど、環境面において優れた性能を持っています。
プラスカーゴサービスでは、大阪営業所において2005年、2007年とCNG車両を導入いたしました。今後、その他の営業所においても順次導入していく予定です 。

csr csr
エコドライブの推進

プラスカーゴサービスはエコドライブを実施しています。各ドライバーは、荷物の積み込み・取り卸し時のアイドリングストップ、急加速・急発進の禁止を徹底しています。